LIFE IS A JOURNEY

ド貧乏だけど2018年から海外生活始めました。自由に生きたい。

【NY】2019年ブロードウェイミュージカルの絶対見るべきオススメ作品

ブロードウェイミュージカルはたくさんの名作があり、どれを観に行こうか迷いますよね。

この記事ではブロードウェイミュージカルの作品中でも絶対に見て欲しいオススメを紹介していきます。

f:id:crazy_maya:20190610071742j:plain

 

①オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)

こちらはブロードウェイミュージカルの中でも最も長い30年以上のロングランとなっている作品です。

1988年にトニー賞を7部門受賞、日本では劇団四季が上演し、大ヒットとなった作品で2004年には映画が上映されています。

物語や英語はやや複雑なので事前に映画を観たり、あらすじを理解しておくとより楽しめると思います。

 

舞台は19世紀後半、パリのオペラ座です。

プリマドンナが舞台のリハーサル中に事故に巻き込まれて役を降板します。

その代役として抜擢された新人バレエダンサーのクリスティーヌが素晴らしい歌声を披露し、大成功に導きます。

その姿をじっと見つめるオペラ座の怪人。彼はオペラ座の地下に住んでおり、クリスティーヌに恋をしています。

オペラ座の怪人は地下深くへクリスティーヌを連れ去っていき・・・

明かされる真実や迫力の演技と音楽に引き込まれること間違いなしです。

 

 

②ウィキッド(Wicked)

2013年にブロードウェイ初公演されてから大人気のディズニー作品です。

ブロードウェイミュージカルの中で最も大きな劇場で上演されており、ダイナミックな演出や豪華なセットに一瞬でウィキッドの世界観に引き込まれます。

日本でも、劇団四季が上演していました。

 

物語は「オズの魔法使い」に登場する2人の魔女の裏話で、ドロシーがオズの国に迷い込む前のお話です。

動物と人間が言葉を交わし共存して暮らすオズの国で、動物が言葉を話せなくなってきているという異変が起きます。

緑色の肌をした不思議な力を持つ内気な少女エルファバとブロンドヘアーで人気者の活発な少女グリンダ。2人は見た目や性格が正反対ですが少しづつ仲良くなっていきました。

ある日、エルファバの元へオズの魔法使いから招待状が届きます。

エルファバとグリンダはオズの魔法使いの居るエメラルドの国を訪れますが、動物たちの言葉を奪っていた正体を知ってしまいます。2人は動物たちを助けようと決意しますが・・・

オズの魔法使いの陰謀や2人の友情、オズの国はどうなってしまうんでしょうか。

心優しく、正義感の強いエルファバがなぜ悪い魔女と呼ばれるようになったのかを解き明かす、奥が深い作品となっています。

 

 

③ライオンキング(The Lion King)

1997年からブロードウェイミュージカルで公開されている超ロングラン人気作品です。

1998年にトニー賞を11部門受賞し、日本では劇団四季が公演しているので有名ですね。

英語力は子供でも問題ないくらいです。

ライオンキングの世界観が忠実に再現された舞台や音楽に、誰もが楽しいひと時を過ごせます。

 

舞台はアフリカのサバンナ。ライオンの王ムファサは、王座を狙う弟スカーに殺されてしまいます。。ムファサの息子シンバは故郷を追われ、そこで出会ったイボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンと出会い成長していきます。

大人になったシンバは父の仇を打つためスカーに立ち向かっていきます・・・

名曲「ハクナ・マタタ」や「愛を感じて」が流れると一気に劇場は大盛り上がりです。

 

 

④アラジン(Aladdin)

1992年にディズニーが公開してから、こちらも超ロングラン公演の人気作品となっています。

ちょうど最近、実写映画が公開されましたね。

アラジンの魅力はディズニーらしい可愛い舞台や衣装、音楽です。

観ているだけで、大人から子供まで幸せな気持ちになります。

物語はほとんどの人が知ってますし、英語が複雑でないので日本人で初めて観に行く人にオススメです。

 

舞台は砂漠の都アグラバーです。主人公は下町に住む貧しい少年アラジンです。

宮殿での暮らしを窮屈に感じる王女ジャスミンは、ある日宮殿を抜け出し街へ出かけます。

そこでアラジンと出会いますが、兵に捕まってしまいます。

ジャファーに助けられますが、彼の思惑はアラジンに洞窟にある魔法のランプを取って来させることでした。

不本意にも魔法のランプの主人となってしまったアラジンは、ランプから現れたジーニーに3つの願い事を叶えてもらいます。

王子に変身したアラジンは、王女ジャスミンの居る宮殿へ向かい・・・・

魔法の絨毯に乗って空を飛美ながら、流れる音楽「A・HOLD・NEW・WORLD」はとても感動する見逃せないシーンです。

 

 

2019年から公開されるミュージカル最新情報

 

①ビートルジュース(Beetlejuice)

4月25日から公開されている最新ミュージカルです。

1988年に公開された大ヒットホラーコメディ映画を完全ミュージカル化させた待望作品です。

舞台は1980年代のアメリカ・コネチカット州の田舎町です。

そこで平和に暮らす夫婦、夫アダムと妻バーバラは、新居を購入するも事故で死んでしまい幽霊となりました。

家に居ついていましたが、すぐに売却され、新しくニューヨークから引っ越してきた富豪チャールズ一家が住み始めます。

彼らを追い出そうと、霊界で恐れられているトラブルメーカーのビートル・ジュースを人間界に呼び寄せてしまいます・・・

 

 

②ムーラン・ルージ(Moulin Rouge)

プレビュー公演が6月28日オープニング公演が7月25日の作品です。

舞台は1900年のパリです。

作家を目指す少年クリスチャンは自由と愛の物語を書こうと意気込むものの、恋愛経験がないため全く書けずに悩んでいました。

キャバレー「ムーラン・ルージュ」で働く作家のオードリーと画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックはクリスチャンが即興でつくった曲を気に入ったことから「ムーラン・ルージュ」で働くようになります。

そこで出会ったキャバレー1の踊り子であるサティーンと激しい恋に落ちます。

サティーンを手に入れようとする公爵に隠れ、2人は危険な恋を続けていきますが長くは続きませんでした。

2人の関係を知った公爵は引き離そうとし・・・

2人の恋はどうなってしまうのか、衝撃のクライマックスです。