LIFE IS A JOURNEY

ド貧乏だけど2018年から海外生活始めました。自由に生きたい。

【NY】衝撃!体験型ショーのスリープ・ノー・モアは想像以上に最高だった

NY滞在中、在住の友達からオススメされたスリープ・ノー・モア(Sleep No More)に行ってきました。

それが、もう衝撃的で刺激的なショーで忘れられない体験になりました。

スリープ・ノー・モアを説明するのは本当に難しいんです。

しかし、NYの数あるエンターテイメントの中でも最も価値のあるものだと思えるそんなショーでした!

f:id:crazy_maya:20190602202533j:plain

 

スリープ・ノー・モア(Sleep No More)とは

2011年の初公演から現在まで、世界中の観客を虜にし大好評の体験型オフブロードウェイショー。

スリープ・ノー・モアはシェイクスピアの4大悲劇の1つ、『マクベス』をベースにした物語です。

私たちゲストは仮面をつけて、「アノニマス(見えざる者)」として参加します。

舞台は地上6階地下1階からなるマッキトリックホテル(The McKittrick Hotel)全てのフロアで、ゲストは自由に動き回ることができます。

100室以上の部屋にはそれぞれ独特の世界観、雰囲気があります。

1つの公演中に物語が3回リピートされるので、ゲストはあちこちにいるキャストを追いかけそのパフォーマンスを見たり、各部屋を見て回ったりと自由な楽しみ方ができます。

 

*余談ですが、スリープ・ノー・モアの舞台であるマッキトリックホテルは1939年、当時最も華やかなホテルとして建設されました。

しかし、第二次世界大戦の影響を受け1度もオープンすることのなかった廃ホテルなんです。

これを知っただけで恐怖でゾクゾクしますよね。笑

 

*2016年のニューヨークタイムズ(New York Times)の記事で「ニューヨーカーが選ぶ、最も価値のある100ドルの使い道」に選ばれています。

 

あらすじ

私個人の意見としては物語のあらすじをある程度理解しておいたほうがより楽しめます。

スリープ・ノー・モアはシェイクスピアの『マクベス』、映画『レベッカ』この2つの物語がベースになっています。

ちなみにアメリカ人は『マクベス』の物語を基礎教養として習っています。

そして、もう1つの物語『レベッカ』も有名な映画なので、参加するほとんどの人はスリープ・ノー・モアがどんな物語なのか理解しています。

 

マクベス』のあらすじ

将軍マクベスは、ある戦いのあと3人の魔女から「お前は王になる」と予言を受けます。

一緒にいた将軍バンクォーは「お前の息子は王になる」と予言を受けます。

予言を信じられずにいたマクベスですが、次第に王座への野望を抱いていきます。

それを知ったマクベス夫人は、優しく弱気なマクベスをそそのかし、ついに王を暗殺させます。

罪悪感に苛まれるマクベスですが、その後王座を手にします。

しかし、もう1つのバンクォーへの予言が気になります。

王座奪還を恐れたマクベスは、バンクォーとその息子を殺害させようとしますが息子は刺客から逃れ生き残ります。

そして王就任の祝杯では、殺したはずのバンクォーの幻覚を見るのです。

次第にマクベスは残酷な暴君と化し、王政は崩壊していきます。

 

優しかったマクベスは予言や夫人の思惑に振り回され変わり果てます。

そして最後には、敵国との戦いに敗れ殺されてしまいます。

 

*スリープ・ノー・モアは物語を理解して参加しても、何が何だかよく分からない謎な現象が起きます。

それほどに一言では表現し難い、複雑なショーです。

 

チケット購入方法

スリープ・ノー・モアのチケットは公式サイトToday Tixで購入することができます。

講演スケジュールや料金は日時により変動しているのでサイトからチェックしましょう。

すぐに売り切れになってしまう人気ショーなので早めの購入をオススメします。

 

アクセス

チェルシーにあります。

最寄り駅はの7番線、34th Street-Hudson Yards Subwayです。

そこから徒歩10分程度で到着です。

 

注意点

  • パスポートなどの写真付きIDが必要です
  • チェックインの際に全員クロークにコートや荷物を預けます(4ドルかかります)
  • 仮面をつけなければならないのでメガネよりもコンタクトの方がいいです。
  • ホテル内を歩き回るため動きやすい服装や靴で行きましょう。
  • 私語は一切禁止です。
  • 16歳以上しか見ることができません
  • 一緒に行く友達と必ず別れることになりますが、途中または最後に合流することができます。

 

まとめ

あらすじだけでも知ってから行くと楽しさ倍増です。

初めにどのキャストに出会えるかは運ですが、マクベスや夫人を早めに見つけ追って行くと物語を理解できます。

キャストは終始無言なので英語がわからなくてもOKです。

キャストは部屋へ消える際に誰かを1人連れて行きます。別室へ連れて行かれ、何やら起こるみたいですが未体験なので詳細は謎です、すいません。

 

最後に、スリープ・ノー・モアは評判通りの面白さでした。

しかし1回では到底理解できないショーで、てんやわんやしているうちに終わりました。

私は滞在期間の終盤にスリープ・ノー・モアを知ったんですが、正直もっと早く出会いたかったです。

そのくらいハマります。絶対またリベンジしたいです。