LIFE IS A JOURNEY

ド貧乏だけど2018年から海外生活始めました。自由に生きたい。

【NY】メトロポリタン美術館への行き方・料金・注意点・見どころをチェック!行く前に知っておきたい攻略ガイド

ニューヨークには本当に楽しい街で観光名所がたくさんありますよね。

そして、マンハッタンには世界的有名な美術館がいくつもあります。

その中でも今回は、ニューヨークを観光するなら絶対に行くべき世界最大美術館の1つである「メトロポリタン美術館」について紹介します。

f:id:crazy_maya:20190530174234j:plain

 

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)

通称The・METと呼ばれるマンハッタンにある世界最大級の美術館です。

1870年に開館されて以来、絵画・彫刻・工芸品・装飾品・写真など300万点の美術品が展示されています。

来館者数は、フランスのルーブル美術館に続いて世界で2番目に多いとのことで連日たくさんの人が訪れています。

メトロポリタン美術館の特徴はコレクションの幅がとにかく広いことです。

古今東西問わず、あらゆる時代・地域・文明の作品を見ることができます。

ここには本館、分館2つ、メットブロイヤー、クロイスター美術館があり、とてもスケールが大きい見ごたえのある美術館です。

HP   https://www.metmuseum.org

 

行き方

 

メトロポリタン美術館に近い地下鉄はの4、5、6番線の77ストリート駅もしくは86ストリート駅です。

アストリアやクイーンズから向かう方は59ストリート駅から路線を乗り換えて行けます。

グランドセントラルターミナルからはの4番線Woodlawn行きに乗ると6分で77ストリート駅に到着するので、そこから徒歩で向かいましょう。

 

最寄りの地下鉄からは徒歩10分程度で到着できます。



開館時間

日曜日〜木曜日 10時〜17時30分

金曜日・土曜日 10時〜21時

休館日 感謝祭、12月25日、1月1日、5月第一月曜日、11月第四木曜日

 

金曜日と土曜日は遅くまで開いています。

私は時間が足りなくて1日で全て周りきれなかったので、早めに行くことをオススメします。

 

入場料金と買い方

以前、入館料は希望額だったようですが、2018年3月以降からニューヨーク市民または近郊の住民以外は支払いが義務付けられました。

f:id:crazy_maya:20190530180259j:plain

・大人25ドル

・65歳以上17ドル

・学生12ドル

・12歳未満無料

 

入場前に知っておきたいルール

 

入り口では荷物のチェックを行っています。

ペットボトルに入った水は持ち込めますが、水以外の飲み物や食べ物は持ち込めません。

大きい荷物やコート類はクロークに預けなければなりません。

リュックは入場できますが前で持たなくては行けません。(展示物に当たらないようにするため)

また、スーツケースは預かってもらえず入館できないので軽装で行くことをオススメします。

 

館内にはパスワード不要で利用できるフリーWi-Fiがあります。

 

館内の写真撮影はフラッシュなしでなら可能です。

 

スケッチは鉛筆のみ使用可能でインクや絵の具は禁止されています。

 

 

オススメサービスを利用して回ろう

 

メトロポリタン美術館中央入り口から入ると、中央にインフォメーションデスクがあるので案内マップをもらいましょう。日本語用のマップもありますよ。

また、様々な言語を話すことができるスタッフがいて、イベントや無料ツアーについて教えてくれます。

f:id:crazy_maya:20190530180932j:plain

(1)無料日本語ガイドツアー

 

メトロポリタン美術館のチケットを持っていれば誰でも参加することができます。予約はいりません。

日本語による日本語ハイライトツアーも時々開催されているのでカウンターで聞いてみましょう。

 

ハイライトツアーでは、全セクションから選ばれた主要作品10点程度をプロのガイドさんが説明してくれます。

大体1時間で終了します。

 

ちなみに英語によるツアーは、10時15分〜16時まで毎日開催されています。

 

ツアーの集合場所は、チケット売り場の後ろの「Tours Meet Here/Guide Tours」と書かれたサインの下です。

日程の詳細はHPより確認できます。



(2)オーディオガイドの使用

 

ツアーを利用せず、自由にまわりたい方にオススメなのがこのオーディオガイドです。

各作品のコードを入力すると日本語で説明してくれます。

「The Great Hall」に借りられるデスクがあります。また、フロア内にある各ギフトショップでも借りることができるので途中で借りたくなっても大丈夫です。

・一般7ドル

・メンバー6ドル

・12歳未満5ドル

*私は自由にまわりたい派ですが、美術に詳しくなく、英語も堪能ではないのでこのオーディオガイドを借りておけばよかったと本気で後悔しました。

せっかく行くならこれを借りてガイドしてもらいましょう!

 

(3)無料アプリ

 

メトロポリタン美術館の無料アプリが提供されています。

iPhoneのみですが、見たい作品をチェックできるので事前にピックアップしておくといいですね。

 

オススメ展示エリア

 

どのエリアにも見逃せない作品がたくさんありますが、時間も足りないのでその中でも絶対に行ってほしいエリアをまとめました。

長くなるのでこちらを合わせて参照ください。

 

まとめ

広すぎて1日で全て見てまわるのは難しいため、絶対見たい作品をある程度絞っておくことをオススメします。

せっかくなのでツアーやガイドを利用して存分に満喫しましょう。もちろん知識0でも楽しいですが、私は限界を感じました。笑

メトロポリタン美術館では定期的に限定イベントが行われているのでそちらも合わせて行って見ましょう。

ちなみに私が行った時はジュエリーコレクションでした。(詳細はHPからチェックできます)

 

最後に、メトロポリタン美術館は世界中のあらゆる時代や文化の作品を見ることができ、美術に詳しくない素人でも十分楽しめる美術館です。

ニューヨークを訪れた際はぜひ行ってみてください。